※大学の研究室は、就職先よりも慎重に選んだ方がいい

僕は大学の研究室に入って、辛い思いをした経験があります。なぜなら、研究室がブラック体質でした。研究室の指導教官が出す課題の量がとてつもなく多く、休日も寝る時間もない期間がありました。途中、指導教官のプレッシャーをかけられストレスが溜まり不眠症になったことがありました。そこから徹夜を繰り返す日々が多くなり、身体や精神が少しずつおかしくなることもありました。

 

ブラックな研究室はブラック企業よりもブラックなことが多いです。研究室には労働基準法などの法律が適用されないので、何時間も拘束させられたりすることもあります。

研究が大好きで寝る時間を減らしてでも研究がしたい、自分の研究で世界に影響を与えたいと思えるほどのモチベーションが無いと過酷な環境になってしまう場合もあるのが研究室。

そして、過酷な環境を通して、研究したいモチベーションが徐々に下がっていき、最終的には研究をしたくなくなる場合もあるのが研究室なんです。

研究は本来とても素晴らしいことなんですが、研究室によっては学生の命を削ってしまうところもあるので気を付けてください。

 

今回は僕みたいな悲しい思いをして欲しくないし、悔いの無い研究室生活を送ってほしいので研究室を選ぶ時の3つのポイントを紹介します。

(※この選び方は研究で一生食っていこうと思わない人、卒業後は院に進まず就職する人向けです。)

 

①研究内容よりも研究室の人との相性で選ぶ

 

僕は興味がありそうな研究内容によって、研究室を選びました。しかし、研究室の指導教官と相性があいませんでした。指導教官の言う通りに研究するのがストレスになり、研究が嫌いになりました。たとえ興味ある研究でも、研究室の人によって、研究が嫌になってしまうことがあるのです。

 

②学部生の段階で学会発表が義務付けられているか

 

学部生の内に学会発表が義務付けられているのはブラックの可能性が高いです。卒業研究で学会レベルの研究をさせるのは相当な時間と労力が必要です。それを強制的にやるのはブラック企業で言うとサビ残の強制がある可能性の高い。休みの日研究をさせられ、卒業発表が終わっても、春休みに学会発表の準備をさせられることがあります。

 

③夜中でも部屋に電気がついていることが多いか

 

夜中でも研究をしなくてはいけないため、部屋が明るいことがブラック研究室には多いです。実際に僕の研究室では、夜中電気ついている日が電気ついて無い日より多かったです。

 

 

ブラック研究室は自分の大切な人生の時間を搾取してしまいます。身体も壊してしまいます。気を付けてください。

 

 

新入社員がアルバイトから嫌われないためには?,信用を得ためるには?

お店で働くようになると、チームワークが大事になります。そして、チームワークを高めるには、お互い信頼関係を築いていかなくてはなりません。最低限の仲の良さが必要です。嫌われたら致命的。指示を出してもやらなかったり、仕事の質が下がったりしてしまいます。

 

じゃあ、アルバイトから嫌われないするにはどうしたらいいかを教えたいと思います!!!

 

以下がポイントです!!!

 

①アルバイト以上に仕事する

②完璧主義を押し付けない

③怒るより褒めることに力を注ぐ

④感謝の気持ちを伝える

 

 

では、解説していきまーす。

 

①アルバイト以上に仕事する

 

社員はアルバイトより仕事しましょう。社員がたくさん頑張っているところをアルバイト達が見ていたら、そこでアルバイトから信用を得られます。また、アルバイトが大変そうにしてたら、手伝ってあげるだけで、アルバイトは嬉しく思います。

 

逆に、仕事せずサボっていると、アルバイトたちもサボります。

そして、そんな時にアルバイトに『サボるな!!!』と叱っても、アルバイトは『は?お前もサボってるじゃん』と思ってしまいます。また、ちゃんと働いてくれるアルバイトからも『なんで、自分たちだけ頑張ってるのに、社員は働かないんだろう?ちゃんとやって欲しい!』と思ってしまい、アルバイト達からの信用はガタ落ちします。

 

②完璧主義を押し付けない

 

アルバイト達が完璧に出来てないだけで怒るのはやめましょう。アルバイト達は人間です。機械じゃありませんので、たまにミスだってします。そして、新入社員ならば特にそうだと思いますが、ミスや失敗が多いはず。そんな完璧でも無い人に完璧を押し付けられたらアルバイト達は不快に思ってしまいます。ミスしたら『今度から気を付けてね』と優しく注意しましょう。

 

③怒るより褒めることに力を注ぐ

 

ミスやできてないことを感情的に怒るのではなく冷静に注意する。そして、よくできていることをただ見ているだけでなく、感情を込めて褒めてあげる。これだけでも、アルバイト達は嬉しく思います。そして、より仕事をするようになってくれます。

 

④感謝の気持ちを伝える

 

ちゃんと伝えてますか?小さなことでもありがとうと言うようにしましょう。思っているだけではダメ。伝えることでアルバイトは嬉しく思います。『お疲れ様』ではなく『お疲れ様、今日もありがとう』と言うだけで大きく違いますよ。

 

 

 

色々ポイントを教えましたが、まとめると自分がアルバイトだったら、どういう社員が信用できるかを想像して行動すればいいのです。

 

自分がアルバイトで働いてた時、どのような社員がいたらいいなと思ってましたか?信用できた社員はどんな人でしたか?

 

そこで思いついた社員像に自分がなればいいだけです。

 

チームワークで働くことは大変だと思いますが、頑張っていきましょう!!!

 

 

 

 

 

サウナと水風呂で暑くて寝苦しい夜も、ぐっすり睡眠!!!

いや〜夏ですね。

皆さん寝苦しい夜をお過ごしではないですか?

 

そんなあなたにオススメなのがサウナと水風呂の往復!!!

 

これで暑い夜も乗り越えられるはずです。

それは以下の点があるからです。

 

・サウナで代謝を上げながら体力を消耗する。

・水風呂で体がひんやりして暑さに強くなる。

 

まず、サウナで体力を消耗するため、寝つきやすい体質になります。そして、水風呂に入ることで、暑さにヘッチャラになるほど体が冷たくなるので、暑い夜でも気持ち良く眠りにつくことができます。

 

僕はだいたい5往復ぐらいします。サウナは5〜12分、気が向いた時間で入り、水風呂は1分ぐらい首まで浸かり体を冷やします。

そうすることで、いい感じに体が疲れ、暑さに強くなります。

 

ぜひ、実行してみて、暑い夜も乗り越えて行きましょ!!!

中肉中背の僕が、勇気を持ってゴールドジムに入会してみた。

社会人になってから、デビューしてみたかったことにデビューできました。

それが、ゴールドジムデビューです。

 

僕はゴリゴリのマッチョ君になりたいと思っていました。筋肉ある方が男らしくてかっこいいですからね。

 

そして、目標は体重100㎏に増量!!!
(あと40㎏ぐらい増やさなきゃ…)

 

そんなマッチョ君になるために、ゴールドジムに入会!!!

 

 

でも、ゴールドジムに入会するのに少し勇気が要りました。

それは、『ゴールドジムは本当にマッチョしか居ないから、普通の人が行ったら浮いて恥ずかしい』と思っている人達が多いこと。

僕が『ゴールドジムに入会してみたいんだ』と言うと、多くの人が、『周りがマッチョばかりなのに自分だけ筋肉付いてなくて恥ずかくない?』と言ってきます。

最初、そんな恥ずかしいという感情は無かったですが、周りの意見に洗脳されるように恥ずかしいかもと思うようになってきました。

 

なので、ゴールドジムに入会した時は、なんか緊張してたなぁ〜笑

 

入会してから思うのですが、別にゴールドジムにマッチョじゃない人が居ても全然恥ずかしく無いですよ。意外と中肉中背の人も多いし、太っている人でダイエットを頑張っている人も居ますから。まぁ筋肉がすごい人もたくさんいるんですけど、全然恥ずかしく無いです。

 

だから、ゴールドジムに入ってみたいけど、浮きそうで恥ずかしいと思っている人は、全然恥ずかしく無いので入会してみてください。だって、今ゴリゴリのマッチョの人も、元々はそんなにマッチョじゃない状態でジムデビューした人が多いですからね。スタートは皆さんと同じですよ。

 

働くって大変だけど、楽しいかもよ!

本業が忙しくて、全然ブログが書けてませんでした。笑

 

お久しぶりです。マサヒトです。

 

僕は今、サービス業に勤めております。基本8時間労働+1時間の休憩で働いておりますが、仕事をスムーズにこなすことができず、残業して長時間働いてしまいます。

けど、辛くは無いです。むしろ、辛く無いので疲れるまで働こうと思い、自分から進んで残業してまで働いているというか…でも、残業するとむしろ怒られちゃうんですけどね。笑

 

僕の勤めている会社は有難いことに、残業することをよく思っていないので、上司から『早く帰りなさい。』,『残業しないように日頃から効率良く仕事できるように考えて仕事しなさい』など優しく指導してくれます。環境に恵まれて本当に良かったと思っています。

 

そんなこともあるからか、長時間働いて疲れてもあまりストレスが溜まりません。職場の人も面白くていい人ばかりだし、接客するときも楽しいことが多いので、毎日ニヤニヤしながら少し遊び気分で働けています。笑

 

僕は『働くことは辛いこと』と思っていたのですが、『働くことは楽しいこと…かも』と思うようになってきました。もちろん、僕みたいに働くことにポジティブなイメージを持てるだけ幸せかもしれません。

けど、働くって少しでも楽しくないとやっていけないと思うんですよね。もっと言うと働くことは楽しいことじゃないといけないと思ってます。

だから、今働いてて辛いと思っている人はなんとか楽しく働けるようになってほしい。その方が、働く本人にとっても良いことだし、会社にとっても、社会にとっても良いことになりますからね。

 

働くのが辛い人は、現状維持しないで変化を求めてほしい。まずは、自分自身のマインドを変えてみてほしい。

今の環境で楽しく働くにはどうしたらいいか考えながら働いてみる。ちょっと捉え方を変えるだけでストレスが大幅に減ることがありますよ。

それでも、辛いと感じる場合は転職などで環境を変えてみる。環境があまりにも劣悪だったら逃げても全く構わないです。病気になるほど働く、働かせるのは絶対アウトです。それなら、収入が減っても環境を変えた方が幸せです。ちょっと勇気が必要ですが、環境を変えていって自分が楽しいと思える環境を探してみましょう。

 

働くことは大変だけど、夢中になれるほど楽しいと思えるようになったら、幸せですよね。

 

こんなこと言っている僕もまだ、夢中になるほど働けていませんが、少しずつ楽しく働けるようになってきています。

 

皆さんも楽しく働けますように。

 

最後に、残業しないように仕事しましょう!!!笑

 

 

初めての海外一人旅(台湾)⑦3日目・最終日そして反省

3日目は特に何もしてません笑。朝早くに台北を離れて空港につかなきゃいけないので、2日目の夜から早く寝て、早く起きて帰っただけです笑。

 

正直、泊まった後にすぐ帰るのはもったいないことなので、飛行機のチケットを予約する際は、帰りの日でも少し観光できるようにしておいた方がいいです。じゃないと宿泊代が高くなります。

 

終わりは結構あっさりしてしまいましたが、色んな価値観が得られる楽しい3日間でしたね。また、初めての海外一人旅だったので、とても勇気が必要で不安になっていましたが、旅行中に様々な経験を通して成長を実感できたし、自分に自信を持てるようになりました。誰かと一緒に旅行するのもいいですが、一人で旅行するのもいい刺激になるので、ぜひ、試してみてください。

 

最後に、これから一人で海外に旅行しようと思っている人に、一人旅を終えて後悔したことや友達との海外旅行を通じて気付いたことを3つ紹介します。

(実は、一人旅が終わった後、友達とまた台湾に行くことになりました笑。本当は行ったことの無い国に行ってみたかったんだけどな〜〜笑。でも、すぐ同じ国に行ったからこそ一人旅の違いがわかりやすかったです。)

 

 

①ポケットWi-Fi、またはSIMカードを利用する

 

台湾のフリーWi-Fiがありますが、正直繋がりにくいです。ポケットWi-FiSIMカードを持ってないと、どこかのお店のフリーWi-Fiを使わないいけないといけないので面倒です。とくに九份などの地方に行くとフリーWi-Fiが無いので、後で調べものしたいなと思っても調べられません。特に帰りのバスの時間などは不安になりやすい。そんな不安を排除するため、快適な旅をするためにポケットWi-FiSIMカードを上手く使いましょう。

 

②ガイドブックはもちろんあった方がいい

 

ガイドブックはたくさんの有益な情報をわかりやすく説明してくれているので、旅行の楽しさを倍増させてくれます。自分では調べても得られなかったお店の情報もあるので、持って行った方がいいですよ。

 

③英語、もしくは、現地の言葉を話せるようになった方がいい

 

ホテルやお店によっては英語でコミュニケーションを取れるともありますので、やはり英語を話せる方が便利です。

そして、現地の人とコミュニケーションを取れるようになると楽しいです。友達が中国語が話せるので、現地の人と楽しい会話を繰り広げていました。この出会いが旅の素敵な思い出になるんです。

 

初めての海外一人旅のブログはこれで完結になります!!!

 

また、何か別の旅行に行く機会があったらその旅行記をブログにしていきたいと思います。たぶん、初めてのLA!!!みたいな感じかな笑。

 

ー完ー

 

 

 

 

銭湯で一番気持ちいいお風呂は水風呂だな〜〜

水風呂が一番気持ちいい〜〜〜〜!!!

 

僕は銭湯が大好きでよく行きます。もう趣味の域ですね。そんな僕が一番気持ちいいなーと思うお風呂は水風呂です!!!

 

『はっ⁈ 何で冷たい風呂なの⁈(´Д` )』

 

もちろん、水風呂にずっと浸かっている訳ではありません笑。ちゃんと温かいお風呂も入ります。体が火照った時の水風呂が最高なんです。特にサウナ後の水風呂は気持ちいいーーーーー!!!火照ってのぼせそうな体がをキュッと締まる感じがたまらないんですよ。

また、そのキュッとした時にアイデアとかが思いつきやすいのでオススメです。僕もブログでネタに困っている時には銭湯に行って、サウナと水風呂を何回も往復します笑。

しかも、サウナで汗を流して、水風呂に入るのはストレスを吹っ飛ばしてくれます。悩みごとをだんだん考えなくなりますよ。

 

でも、水風呂が苦手な人っていますよね。

 

『水風呂の急に冷たい感じが嫌(´Д` )』

 

その気持ちもわかります。僕も昔は水風呂入る人は頭がおかしいと思ってました笑。でも、サウナからの水風呂を経験するとその価値観が変わりますよ。なので、一度試して欲しいです。

そして、水風呂にまだ抵抗がある人でも水風呂に気持ち良く入って欲しいので、僕のオススメの水風呂の入り方教えたいと思います。

 

 

まず、温かいお風呂に入りましょう。

 

『冷たい風呂じゃない温かいお風呂に入るんかい!!!∑(゚Д゚)』

 

僕もいきなり冷たい水風呂には入りません笑。

 

まずは体の芯からしっかり温めましょう。そして、体がポカポカしてきたら水分補給をしっかりとってサウナへGo!!!

 

サウナはだいたい限界が来る前ぐらいまで入りましょう。

(ただ、限界を越えようと思うまで入ろうとすると危ないので、無理の無い範囲でサウナを楽しみましょうね。)

 

サウナを出た後はかけ湯をして、下半身までゆっくり水風呂に浸かります。いきなり、全身浸かるのは難しいし、心臓に悪いのでゆっくりで大丈夫です。そして、その後に思いっきり腹から息を吐きながら首まで浸かります。ここでのポイントは全神経を吐くことに集中すること。そうすると冷たいと感じることが軽減します。

 

 全身を水風呂に浸からせることができれば、少しの間でいいので浸かり続けてみてください。気持ちいいーーーーー!!!という感覚が徐々に芽生えるようになるはずです。

 

この気持ち良さがわかったら、あなたはサウナと水風呂を行き来するはず。

 

ぜひ参考にしてみてください。