初めての海外一人旅(台湾)⑦3日目・最終日そして反省

3日目は特に何もしてません笑。朝早くに台北を離れて空港につかなきゃいけないので、2日目の夜から早く寝て、早く起きて帰っただけです笑。

 

正直、泊まった後にすぐ帰るのはもったいないことなので、飛行機のチケットを予約する際は、帰りの日でも少し観光できるようにしておいた方がいいです。じゃないと宿泊代が高くなります。

 

終わりは結構あっさりしてしまいましたが、色んな価値観が得られる楽しい3日間でしたね。また、初めての海外一人旅だったので、とても勇気が必要で不安になっていましたが、旅行中に様々な経験を通して成長を実感できたし、自分に自信を持てるようになりました。誰かと一緒に旅行するのもいいですが、一人で旅行するのもいい刺激になるので、ぜひ、試してみてください。

 

最後に、これから一人で海外に旅行しようと思っている人に、一人旅を終えて後悔したことや友達との海外旅行を通じて気付いたことを3つ紹介します。

(実は、一人旅が終わった後、友達とまた台湾に行くことになりました笑。本当は行ったことの無い国に行ってみたかったんだけどな〜〜笑。でも、すぐ同じ国に行ったからこそ一人旅の違いがわかりやすかったです。)

 

 

①ポケットWi-Fi、またはSIMカードを利用する

 

台湾のフリーWi-Fiがありますが、正直繋がりにくいです。ポケットWi-FiSIMカードを持ってないと、どこかのお店のフリーWi-Fiを使わないいけないといけないので面倒です。とくに九份などの地方に行くとフリーWi-Fiが無いので、後で調べものしたいなと思っても調べられません。特に帰りのバスの時間などは不安になりやすい。そんな不安を排除するため、快適な旅をするためにポケットWi-FiSIMカードを上手く使いましょう。

 

②ガイドブックはもちろんあった方がいい

 

ガイドブックはたくさんの有益な情報をわかりやすく説明してくれているので、旅行の楽しさを倍増させてくれます。自分では調べても得られなかったお店の情報もあるので、持って行った方がいいですよ。

 

③英語、もしくは、現地の言葉を話せるようになった方がいい

 

ホテルやお店によっては英語でコミュニケーションを取れるともありますので、やはり英語を話せる方が便利です。

そして、現地の人とコミュニケーションを取れるようになると楽しいです。友達が中国語が話せるので、現地の人と楽しい会話を繰り広げていました。この出会いが旅の素敵な思い出になるんです。

 

初めての海外一人旅のブログはこれで完結になります!!!

 

また、何か別の旅行に行く機会があったらその旅行記をブログにしていきたいと思います。たぶん、初めてのLA!!!みたいな感じかな笑。

 

ー完ー

 

 

 

 

銭湯で一番気持ちいいお風呂は水風呂だな〜〜

水風呂が一番気持ちいい〜〜〜〜!!!

 

僕は銭湯が大好きでよく行きます。もう趣味の域ですね。そんな僕が一番気持ちいいなーと思うお風呂は水風呂です!!!

 

『はっ⁈ 何で冷たい風呂なの⁈(´Д` )』

 

もちろん、水風呂にずっと浸かっている訳ではありません笑。ちゃんと温かいお風呂も入ります。体が火照った時の水風呂が最高なんです。特にサウナ後の水風呂は気持ちいいーーーーー!!!火照ってのぼせそうな体がをキュッと締まる感じがたまらないんですよ。

また、そのキュッとした時にアイデアとかが思いつきやすいのでオススメです。僕もブログでネタに困っている時には銭湯に行って、サウナと水風呂を何回も往復します笑。

しかも、サウナで汗を流して、水風呂に入るのはストレスを吹っ飛ばしてくれます。悩みごとをだんだん考えなくなりますよ。

 

でも、水風呂が苦手な人っていますよね。

 

『水風呂の急に冷たい感じが嫌(´Д` )』

 

その気持ちもわかります。僕も昔は水風呂入る人は頭がおかしいと思ってました笑。でも、サウナからの水風呂を経験するとその価値観が変わりますよ。なので、一度試して欲しいです。

そして、水風呂にまだ抵抗がある人でも水風呂に気持ち良く入って欲しいので、僕のオススメの水風呂の入り方教えたいと思います。

 

 

まず、温かいお風呂に入りましょう。

 

『冷たい風呂じゃない温かいお風呂に入るんかい!!!∑(゚Д゚)』

 

僕もいきなり冷たい水風呂には入りません笑。

 

まずは体の芯からしっかり温めましょう。そして、体がポカポカしてきたら水分補給をしっかりとってサウナへGo!!!

 

サウナはだいたい限界が来る前ぐらいまで入りましょう。

(ただ、限界を越えようと思うまで入ろうとすると危ないので、無理の無い範囲でサウナを楽しみましょうね。)

 

サウナを出た後はかけ湯をして、下半身までゆっくり水風呂に浸かります。いきなり、全身浸かるのは難しいし、心臓に悪いのでゆっくりで大丈夫です。そして、その後に思いっきり腹から息を吐きながら首まで浸かります。ここでのポイントは全神経を吐くことに集中すること。そうすると冷たいと感じることが軽減します。

 

 全身を水風呂に浸からせることができれば、少しの間でいいので浸かり続けてみてください。気持ちいいーーーーー!!!という感覚が徐々に芽生えるようになるはずです。

 

この気持ち良さがわかったら、あなたはサウナと水風呂を行き来するはず。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

ロードバイクは楽しく、気持ち良く運動できる優れもの

お題「好きな乗り物」

 

僕はロードバイクに乗ってどこかに出かけるのが好きなんです。ロードバイクは普通の自転車と違って結構軽く片手で持てたりします。そんな軽いロードバイクは小さな力でも前に進みやすいので、ペダルを漕いでいるとスイスイ動けてしまいます。普通の自転車よりも楽ですよ。あのスイスイ感は体験してみないとわからないですが、初めて乗った時は驚きと感動と楽しさを一気に感じることできました。

車で出かけるのもいいですけど、ロードバイクで出かけるのも楽しいですよ。

 

『でも、車の方が楽だし、自転車って…(´Д` )』

 

確かに車で出かける利点もありますが、ロードバイクで出かける利点もあります。

 

それは、楽しく、気持ち良く運動できること

 

ロードバイクは車と違って自分の体力を原動力にして動きます。当たり前の話ですが、運動しないとどこにも移動することができません。しかし、ロードバイクは小さい力でスイスイ移動できるので、楽しく運動できます。

 

また、ロードバイクは全力を注いでペダルを漕ぎまくると車並みのスピードを出すことができます。そのスピードを体感するのがとても楽しかったりします。そのスピードを体感した後、どっと体力が減って、息切れをして、心臓がバクバクします。そんな状態になって自分が生きてる実感を再認識することができたりします笑。大人になって運動する機会が減るとただなんとなく生きているような感じになってしまいます。しかし、ロードバイクに乗って全力を出すと自分の体内が必死に活動しているので、今を全力で生きている感じがして、とても清々しいです。


また、ロードバイクはとても速いスピードを出せるので、移動している最中に風を思いっきり全身で感じることができ、とても気持ちが良いです。そして、その風が熱くなった体を冷やしてくれるので、体力を持続させてくれます。

 

ロードバイクで出かけるだけで、楽しく、気持ち良く運動することができます。最近、運動不足だと思っている方がいましたら、ぜひ、ロードバイクデビューをオススメします。自転車の価値観が変わりますよ!

 

(※スピードを出す際は周りをよく見てからスピードを出しても大丈夫そうな時に出しましょう。見晴らしの悪い所では危ないのでやめてください。あと、制限速度にも気を付けましょう。自転車もスピード違反してはダメですよ。そして、体力の無理の無い範囲で楽しくなりましょう。)

 

さよならカール、ありがとうカール

この前、あのカールが東日本で販売しなくなるニュースがありましたよね。正直驚きました。僕の子供の頃からもずっとあって、友達とよく食べていたカールが東日本を去るなんて…。友達と色んなお菓子を食べているとき、カールの減りが早かったのを今でも覚えています。また、ちょっと下品かも知れませんが、カールを食べ終わった後の指に着いた細かいカールを舐めるのがとても大好きだったなぁ〜と思い出に浸っていました。

 

けど、自分が大人になるにつれてカールを食べる機会は確かに減っていましたね。別に嫌いになった訳ではないのですが、他に色んな美味しいお菓子などを食べるようになったり、ダイエットのためにお菓子を食べる機会を減らしたりしたためかカールをここ数年間食べていませんでした。

 

カールが東日本で販売終了すると知って色んなカールの思い出を思い返すうちに、今カールを食べないと後悔すると思い、とてもカールが食べたくなりました。

 

そして僕は住んでいるところの近くにあるスーパーへカールを買いにいざ出発!!!

 

スーパーのお菓子コーナーに行くと…

『あれカールが無い…チーズ味どころかカレー味も品切れしてる…』

しかも、他のスーパーに行ってもカールがありませんでした。

まさか、販売終了する商品が品切れ状態になるほど売れているなんてビックリ!!!どうやら僕と同じような考えをしていた人達が他にもたくさんいらっしゃるようでした。みんな無くなると思うと食べたくなるようです。やっぱりカールは愛されているのですね。そんな愛されているカールが販売終了するなんて悲しい…

 

今回のカール事件をきっかけにあることを再認識することができました。

それは、いつもいるような当たり前の存在を失ってから、その大切さに気づくことです。

 

『いつも当たり前のようにスーパーに置いてあるカールはいつでも食べられるから、今食べなくていいや』と思っていると、販売終了を告げられ、食べたい時に食べられなくなってしまう。

 

これって、親孝行にも似ていますよね。

 

いつも当たり前のようにいる親、『親孝行はなんか恥ずかしいし、お金もかかるし、まだ親孝行しなくていいかな』と思っていて、親が突然いなくなったら、親孝行したい時にはもうできなくなって後悔する。

 

今回のことで、カールおじさんからそんな助言を頂いたような気がします笑。僕の親はまだ存命なので、今のうちに親孝行してみようかな。

 

最後に、子供の頃からお世話になりました。さよならカール。そして、大切なことを教えてくれました。ありがとうカール。

 

(まあ、まだ西日本では売り続けるから、西日本の友達に頼めばカールがまた食べられるんだけどね笑)

 

 

初めての海外一人旅(台湾)⑥2日目・九份から台北に帰ろう

九份を十分散策した後、僕はバスと電車で台北に帰ることに挑戦したいと思い、バス停に向かいました。

台湾のローカルなバスの乗り方がわからなかったので、バス停で台湾の人はどのようにバスに乗るのか観察していました。すると、台湾ではバスに乗りたいと意思表示をするのに、タクシーを捕まえるように手を挙げている人がいました。どうやら、運転手さんは手を挙げないと違う行き先のバスに乗ると思ってそのままスルーするみたいです。

そして、僕もバスに乗ることに挑戦!!!行き先を伝えられるように準備しておいたメモ(瑞芳駅に行きたいと思ったのでメモに瑞芳と書いておきました)を用意して、挙手!!! バスは見事に止まってくれました。バスの扉が開くと、バスの運転手さんが強い口調で中国語を話して、僕はその圧力にビビってしまいました。

(台湾の人達は日本人に比べると強い口調で話していました。初めてだと、少し怒っているのかなと思っていますが、怒ってはいないので安心してください笑。)

ビビって一瞬オドオドしていると、後ろにいた現地の人が横入りして、バスの運転手さんに話しかけ、そのままバスに乗車…。僕の内心は『えーーーーーー!!!そんなのありーーーーー!!!』でした。

(後々調べたところ、台湾ではバスに乗るために順番に並ぶことがないらしいです。僕は完全に夜になる前の夕方に九份から帰ったため、そんなにバス停では人混みがありませんでしたが、かなり人が混み合う夜のバス停だと、バスに乗るには力ずくで乗り込もうとしないと他の人に乗車されてしまうので、覚悟してください笑。)

ともあれ、運転手さんに行き先のメモを見せて確認を取り、運賃を前払いしてなんとか乗車しました。

台湾ではバスの運賃は前払いです。あとお釣りが出ないので、ぴったり運賃を払えるようにしましょう。

乗車しているバスも日本に比べると運転が荒かったです笑。クラクションがよく鳴っていました笑。

 

そうこうしていると、瑞芳駅に到着。瑞芳駅は地下鉄の駅ではないので、青いコインを買うのでは無く、日本のように切符を買って乗ります。ただ、どの切符を買っていいのかわからなかったので困っていたら、肩に『日本語案内』と書かれたタスキをかけたおばあちゃんを発見!!!おばあちゃんに日本語で話しかけたところ、しっかり日本語で答えたてくれました。しかも、どの切符を買って、何時の電車に乗ればいいのかを親切に教えてくれました。台湾の人達は優しい人ばかりです。僕はそんな優しい人の支えのおかげで電車に乗って台北に無事帰ることができました。

 

続く…

 

 

 

快適な東京ライフを送るなら都心に住みましょう!!!

今、僕は東京の都心の方に住んでいます。僕はこれから東京に住む人には郊外よりも都心をオススメします。

 

オススメ理由は以下の2点です。

 

①通勤にかかる時間が少ない、ストレスがない

②交通の便がいいので色んなところに遊びに行きやすい

 

では、詳しく解説していきましょう。

 

 

①通勤にかかる時間が少ない、ストレスがない

 

郊外に住むと通勤に片道1時間以上かかってしまうことが多いです。しかも、満員電車の中でそんな長時間もいるとストレスがとても溜まりまし、疲れます。

けど、都心に住むと通勤に片道1時間もかかりません。なんなら会社の近くに住むと、通勤する際に満員電車になる必要が無くストレスが溜まりません。そして、徒歩や自転車で通勤が可能なので健康的です。

都心と郊外だと往復の通勤時間に約1時間以上の差が出ることが多いです。毎日1時間を通勤で無駄にしているのってもったいなくないですか?その1時間を自分の好きな時間に使いたいと思いませんか?もし、1日が24時間ではなく、もっと時間があればいいなと思っているのならば、会社から近い都心に住むことをオススメします。自由な時間が手に入りますよ。

 

 

②交通の便がいいので色んなところに遊びに行きやすい

 

都心は交通の便がいいので、色んなところに遊びに行きやすいです。また、多くの楽しい遊び場やショッピングなどは都心に多く集まっています。

僕は田舎に住んでいて後悔したことがあります。ある芸術のイベントが都内にあった際に、僕の好きなイラストレーターさんが参加することになっていました。そこでは、そのイラストレーターのブースでは先着何名様に似顔絵を描いてくれるという企画がありました。僕はそのイラストレーターさんに似顔絵を描いてもらいたく。田舎から朝から早く電車に乗りましたが

会場に着いた時にはもっと早くから来ていたお客さんの列が…。僕がそのイラストレーターのブースに着いた頃に似顔絵が予約でいっぱいになり受付が終わってしまいました。都内に住んでいる人の方が先着があるイベントでは圧倒的有利でした。この時から僕は都内に住む人の方が有利なことが多いと実感しました。

 

『でも、都心だと家賃高いよ〜(´Д` )』

 

確かに都心の方が家賃は高いです。

しかし、そのお金を払う分、毎日の自由時間が増えたり、楽しい場所に行きやすくなったり、ストレスが減ったりして人生が快適になるのであれば、高い家賃も良い投資になりませんか?

 

僕は毎月数万円でも多く家賃を払って、郊外に住んでいる人よりもお金が無くても都心に住む方がいいと思っています。だって、ストレス無く楽しく過ごせる人生の方がいいですからね。

 

なぜ洋画や海外ドラマが好きなのだろう?

今週のお題「私の沼」

 

僕が最近はまっているのは洋画や海外ドラマを見ることです。

 

きっかけは僕の周りに海外ドラマを見る友達が多かったことです。

友達の家に遊びに行くと、海外ドラマを見ることが多かったです。最初は興味が無かったのですが、色んな作品を見ていくうちに面白いと思うようになっていきました。

 

そして、海外ドラマを見ている友達は皆、英語の成績が良かったのです。当時大学生だった僕はあまり英語が得意で無くて、英語の授業でも先生が何を言っているのかわからない状態。テストの成績も良くなかったです。けど、僕は英語の成績を上げたいと思いました。そこで、僕は英語が得意な友達のマネをしてみよう思い、海外ドラマや洋画などを字幕版を見続けていました。そうすると、英語のリスニング力が少しずつ上がっていき成績が良くなっていきました。今の僕のリスニング力の現状はまだまだです笑。字幕なしで見ることができません笑。ただ、将来は字幕なしで洋画を見れるほど英語力を上げたいと思っています。今では、英語力アップのモチベーションがハマり続ける要因のひとつになっています。

また、友達は留学生と交流する集団に所属していました。彼らはほとんど英語で留学生とコミュニケーションをとっていました。そんな彼らはとても楽しそうな学生生活を送っているように見えました。僕は元々外国人と会話することに苦手意識を持っていたました。しかし、異文化の人達やものに触れることは楽しそうだなと思うようになりました。海外ドラマや洋画は実際に海外に旅行しなくても、異文化の雰囲気を少しだけ感じることができるので大好きです。外国の自然や都会の風景を見るとワクワクします。また、外国人同士の会話もなぜか聞いているだけでもワクワクします。物語の登場人物と早く会話できるようになりたいと思って見ています笑。

(もちろん、海外に行った方が触れ合い度が大きいので、実際に海外に旅行したり、住んでみたほうが面白いと思います。早く海外に住んでも大丈夫なほどの英語力を身につけたいな〜)

また、海外ドラマに出てくる女優さん達がキレイで美しいです。見続けているとだんだん欧米人女性の方に魅力を感じてしまうようになりました笑。もう欧米人女性と結婚したい!!!笑

キレイな海外の女優さんが見れるので海外ドラマや洋画は大好きです。

 

海外ドラマや洋画はストーリーも面白いですし、アクションシーンとかもカッコイイのでオススメです。

ただ、外国の女性が自分のタイプになると、かわいい日本人女性でもときめくことがなくなる可能性があるので気を付けてください笑。