テレビを見なくなったら

僕は今現在テレビを見ておりません。強いて言えば、実家に帰って暮らしている時ぐらい。僕の両親がリビングでテレビを見るので、僕がリビングにいる時に見てしまいます。でも、それ以外は全く見てないんです。理由はテレビより面白いコンテンツがたくさんあるので、そっちに移ったことと、テレビを見ている時間がもったいないと思ったからです。

 

僕は子どもの頃はテレビっ子でした。多分、余暇の時間の多くはテレビで時間を潰していました。新聞のテレビ欄を見てし、どの時間にどんな番組があるかチェックし、CM中だとチャンネルを回して他の番組を見て、ある程度時間が経ったらチャンネルを戻して、自分の一番見たい番組を見る。それを毎日繰り返してましたね。

今思えば、非常にもったいない過ごし方をしていたと思います。何でつまらない番組でも見ていたのか…

 

テレビの怖いところって自分にとってはとても楽しいと思えるような番組ではなくても、暇な時間を手軽に潰せちゃうことがあるから、見てしまうところだと思います。しかも、テレビでストレスを発散させるのって難しいし、見ているだけで、自分の成長をさせることも難しいです。

 

多分、子どもの頃の僕はテレビ以外のことで楽しいものを見つけようとしなかったし、見つけることをめんどくさいと感じていたんでしょうね。運動が楽しいと感じていれば良かったのに…

 

しかし、大学生の頃からテレビを持たなくなりました。すると、今まで見ていたテレビの時間を運動や読書の時間に費やすようになりました。運動や読書はストレス発散になるし、自分の成長につながるので、テレビを見なくなって良かったなと思います。

 

もし、暇だからという理由でテレビを見てる人がいたら、そのテレビを見ている時間を他のことに時間を費やしてほしいです。もちろん、テレビを見ることがとても楽しいことだと感じているのであれば、テレビを見続けてもいいと思います。ただ、そんなに楽しくはないけど、とりあえず見てるのであれば、今すぐテレビを見るのをやめて(一番良いのはテレビを捨てる、売る)、自分が楽しいと思えるもの、自分を成長させるものに時間を費やして、もっと有意義な生活を送ってほしいです。

 

僕はテレビを見なくなって、自分の人生に楽しいことが増えたと思っています。なので、皆さんにテレビに費やす時間を他の楽しいことや自分を成長させる時間に費やしてみることをオススメします。