初めての海外一人旅(台湾)①1日目・桃園空港到着まで

僕は集団で行動するより一人で行動する方が好きなので、一人で出かけることが多い。

 

そんな僕が初めて一人で海外旅行に行った時のことを書いてみようと思います。台湾なら僕みたいな海外経験無い人でも行きやすい国なので、参考になればいいなと思います。

 

なぜ僕は台湾に行こうと思ったのか。

それは、台湾は日本語が通じやすいという噂を聞いたからです。僕の知り合いによく海外旅行に行く人がいるのですが、その人曰く、台湾は日本語を話せる人が多く、お店のメニューも日本語で書かれていることが多いとのこと。なので、海外旅行初心者にはオススメだと。

 

僕は中国語も英語も話せないのですが、日本語が通じやすいと聞いて、えいや‼︎っと勢いで台湾往復の航空券を購入し、台湾のホテルを予約しました。そして、もう旅行に行かないと無駄金が発生してしまうように自分自身を追い込みました。(じゃないといつまでもビビって行かないと思ったんですよね笑)

 

そして、台湾旅行(2泊3日)の旅に出る前に目的地を決めました。

1日目夜市。

2日目九份

以上。(ちなみにちゃんと計画を立てればもっと充実した日程になります…)

 

いざ台湾へ!!!

僕はガイドブックも持たず、ポケットWi-Fiも借りず台湾を訪れました。( ´∀`) ドヤ!

※ガイドブックとポケットWi-Fiを持ち歩くことを強くオススメします。じゃないと絶対後悔します。持っていた方が便利だし、楽しいです。

 

台湾の桃園空港に着くと案内の看板には日本語で書かれているものが多かったので、少し安心しました。僕はバスに乗って台北市に行きたかったので、バス乗り場を探していました。しかし、どのバスに乗ればいいかわからない…。わからないまま空港内をウロウロしていると、肩に『日本語〇〇』(〇〇はたぶん案内だったかな)と書かれたタスキをしているおばさんを発見!!恐る恐る日本語で話しかけると、日本語で返事してくれました。ホッと一安心。そして、そのおばさんにどのバスに乗ればいいか尋ねると日本語で答えた上に、パンフレットにペンで色々書いてくれて、『これ見せれば大丈夫』とありがたいサポートをしていただきました。本当に感謝です。そして、そのパンフレットを持ってチケット売り場に行くと簡単にチケットを買うことができました。(バスのチケット売り場は日本語より英語の方が通じやすいかと思われます。)

 

チケットを持ってバスに乗車。そして、台北市に出発!!!バスの少々荒い運転を体感して、『これが海外旅行か‼︎』とワクワクしながら台北に向かうのでした。

 

続く…