【スポンサーリンク】

初めての海外一人旅(台湾)②1日目・台北到着〜士林夜市に到着直前まで

ついに、台北市に到着!!!

 

バスを降りて、まずはホテルに徒歩で直行することにしました。台北を歩いていると、やっぱり日本と違うなと思うことが多く新鮮でおもしろい。

 

まずは信号機。

日本と違って、後何秒で赤になるかが秒数でカウントされていました。日本の信号機は赤になりそうになると青が点滅するだけで、後何秒で赤になるかわからないけど、台湾の信号機だとそれがとてもわかりやすい。なので、走って渡りきる方がいいか、余裕を持って次に青になるのを待つ方がいいか判断しやすい。日本の信号機もこのシステムを採用すればいいと思いました。

 

そして、台湾の人達の運転スキルにビックリ!!!

台湾の人達の運転はギリギリを攻めることが多かったです。例えば、僕が横断歩道を渡っていると、僕のすぐ後ろに原付がなかなかのスピードでブーーーン!!!と曲がって来ました。最初は本当にビックリします。また、そのような日本では滅多にいないギリギリを攻める運転をする人が多いので、台北を歩くとクラクションが鳴っている音を聞くことが多いです。

 

そんな感じで台北を歩いて、異文化に触れている間にホテルに到着。

 

ホテルに着いて気が付いたのは、チェックインってどうやるの???

僕は英語も中国語もできないので上手くコミュニケーションを取れるか不安に思っていました。不安の中、とりあえず、パスポートと事前にプリントアウトしておいた予約確認のホテルの英語版のコピーを持って行ってフロントに持って行くと、なんとかチェックイン完了!!!

ホテルの若いスタッフさんが簡単な英語とジェスチャーを駆使してくれたおかげで、なんとかコミュニケーションを取ることができ、チェックインすることができました。ジェスチャーは大事です!!!

(台湾の若い人は日本語よりも英語の方が通じやすいと思います。逆に台湾のおじさん、おばさんの方が日本語が通じやすいと思います。)

 

ホテルに荷物を置いて、1日目の目的地、士林夜市へ!!!

 

士林夜市に行くには、台湾の地下鉄になる必要がありました。地下鉄に乗るには切符を買うのではなく、青いコインを買いました。台湾の地下鉄ではこの青いコインが切符の役割を持っています。改札に入る際はコインをSuicaのようにピッとするだけです。コインの中に何が入っているのか少し気になりました。そして、改札を出る際はコインを自販機にお金を入れるように改札の穴に入れるだけです。日本とは変わっていておもしろいシステムでした。

 

劍潭駅を出ると士林夜市の人混みを体感し始めるのでした…

 

続く…